交通事故と損害

交通事故に遭った場合は、当然ながら損額賠償を請求できます。まず基本となるのは治療費です。相手の保険会社が病院と直接連絡を取り、支払いをする流れです。通院交通費についても請求できて、公共交通機関や自家用車を利用した場合はもちろん、タクシーで通院した場合にしても問題ありません。医師の指示で付添看護が必要な場合でも、1日あたりの定額で計算した金額である4100円を請求が可能となります。また、将来的に収入が減るものと考え、逸失利益の請求や症状の固定後に後遺障害が残っている場合は後遺障害慰謝料も請求できます。交通事故に遭ってどれぐらい病院に通う必要があるのか、そして症状が固定された後にどれぐらいの損害があるのかによって金額は大きく異なります

交通事故に遭ったことが理由で怪我の治療が必要になるとともに、大なり小なり損害を被っているのは間違いありません。当然ながらどんどん請求して正当な金額を貰えるようにしないといけないです。そして注意しないといけないのは治療費と休業損害の2つとなります。全てを保険会社の言う通りに対応すれば万事解決という訳ではありません。被害者の方が適切な対応ができるように少なくとも基本的な知識を持つことが大切です

当サイトでは交通事故に遭った場合の治療費や休業損害について詳しく解説をしています。いざというときに保険会社を相手に適切な対応ができるようにしっかり頭に入れておいた方が良いでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket